為替FX仮想通貨で億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

資金1万円を1憶円に増やす海外FX戦術

資金1万円が1憶円に増えたら、すごいですよね。

そもそも株や土地で儲けようと思っても、資金1万円では手も足も出ません。潤沢な資金や資産があって初めて参加できる投資法を考えても仕方ありません。仮に1万円で宝くじを買ったとしても、3千円当たるだけでどれだけ大変でしょう。

 しかしFXであれば資金1万円を1億円にすることができます。それはFX(外国為替証拠金取引)が、その名のとおり証拠金を準備するだけでFX取引に参加することができてしまうからに他なりません。

 日本国内のFX口座では、証拠金に対して最大25倍のレバレッジをかけることができます。レバレッジとは「てこの原理」のことで、1通貨(1ドル=100円とします)購入するのに、本当だと100万円の資金が必要になるところ、レバレッジ25倍であれば4万円で取引できるようになります。(※厳密にはFX業者の定めた必要証拠金を差し引いた金額での取引となる)

これはFXでの売買は1Lot=1万通貨が基本であることから、1万通貨(つまり1万ドル)=100万円が必要になるわけです。

かつての日本においては、レバレッジ400倍なんていうFX業者もありました。なので昔は主婦がFXで億万長者になったなんてニュースも話題になりましたが、一方で資金を吹き飛ばす被害者も続出してしまったため、最大25倍までというレバレッジ規制が敷かれました。現在のレバレッジで億トレーダーになるには、それなりに資本金を準備するか、よほどデイトレスキャルピングで小さい値動きでも利益を奪う鬼トレーダーにならなければ実現は困難だと思います。

 

 

f:id:ganesh123:20180616144433g:plain     f:id:ganesh123:20180617151717g:plain    

 そのため、日本国内のFX業者は実に様々なサービスを提供してくれるようになりました。自分がエントリー(売買取引)に参加しなくても機械が勝手にやってくれるシステムトレーディング(シストレ)、少額から投資できるように0.1Lotから売買できるマイクロ通貨単位取引、値動きではなく金利差を狙うためのスワップ戦略・・・

もちろん、それらも非常に魅力的なので別の機会にお話しできればと思いますが、ローリスクローリターンだったり運用期間が長期に渡ってしまったりと、どちらかといえば老後資金の準備のための運用方法になってきます。

FXだけで食べていきたい!とか、今すぐ資産を増やしたい!という人にとっては魅力的ではありません。もちろん手を出してもいいですが、じれったくて運用資金を無計画に増やしたりして一度の大幅な値動きで資金がなくなる危険性があります。老後資金のため、果報は寝て待つという意識を貫かないと、意外とあっさり資金を溶かしてしまうものです。

ではどうするのか?その答えがFX海外口座にあります。当然ですが、海外のFX業者にとって日本のレバレッジ規制は関係ありません。なので25倍に縛られる必要もなく、各々が自由にレバレッジを設定することができます。

 

海外FX業者は次の3つの他にもいくつかあります。 

GEMFOREX (レバレッジ1,000倍、追証なし、通貨ペア52種類)

f:id:ganesh123:20180616104434p:plain

 FBS(レバレッジ3,000倍、追証なし、MT5取引システム)

f:id:ganesh123:20180616104730j:plain

 XM-Trading(レバレッジ888倍、追証なし、入金時にボーナス獲得)

f:id:ganesh123:20180616102728p:plain

 

FBSは驚きのレバレッジ3,000倍ですね。ただ私が個人的に使っているのはXM-Tradingになります。スプレッド(取引手数料)の変動が比較的安定していたり、使いやすいMT4取引システムを採用していたり、なにより証拠金を入金した時にボーナスを付与してくれるのがうれしいです。あくまで証拠金としてしか使えないのですが、口座開設3000円と、初回入金100%、証拠金入金のたびに20%のボーナスが付与されるのは、トレードにおいて強い味方になってくれます。

 

888倍の威力

 レバレッジ888倍ということは、資金1万円が800万円になるということです。もし10万円の資金を投入すれば8千900万円分の取引ができ、100万円の資金があれば・・・その効果はお分かりですね。そう。100万円あれば、海外FXの世界ではいきなり理論上で億万長者になっているわけです。あとはその1憶円を、レバレッジによる仮想から実際の儲けとして現実にすればいいだけなんです。

さすがに全額を一気に投資する人はいないでしょうが、仮想の1憶円で買いエントリーすれば約900ドルの取引ができます。そして1ドルに対し10銭でも円安になれば、10万円の利益になります(実際はスプレッドをとられるので9万8千円くらい)。伸びる局面だと判断して利確を伸ばしたり、トレール決済で50銭くらいまで引っ張れば、実に50万円の利益です。為替相場というものは10銭~50銭くらいの幅を上がったり下がったり繰り返してるだけですから、10銭伸びると思う相場を1日3回も繰り返せば30万、トレール決済で伸びた分(私はサービスと呼んでます)を勘案すれば60~80万円は一日で稼ぐことができます。(私のメインとなるトレード法は、これになります)

でも、いきなり全額投入するのは絶対やめてください。そもそもスプレッドを支払ってエントリーするため、マイナスからのスタートであることを忘れないでください。スプレッド分の含み損がなくなるまでに相場が悪化して全額溶かしてしまうのがオチです。

それよりも賢い投資法は、必ず1万円ずつエントリーすること。思いどおりに相場が動けば全てが利益ですし、もし逆に動いてしまってもゼロカットシステムにより追証は発生しません。もし50万円とか損失が発生たとしても、自分で負担する損失は最初に投入した1万円だけになります。あとはFX会社が負担してくれるため、最大損失が把握でき安心して投資することができます。

 

ゼロカットシステムの威力

デイトレではあまり関係ありませんが、長期運用する場合には相場の急変もリスクとして考えておかねばなりません。これが記憶に新しいリーマンショックスイスフランショックといった世界規模の金融危機が起きた場合、ロスカットでは間に合わずに莫大な追証を求められることになります。アメリカの大統領選ではクロスドル相場がとてつもない値動きをしました。毎月初めのアメリカ経済指標発表や、日銀の政策発表、FOMCなどの要人発言でも相場は激しく動きますので、思った以上に価格変動が起きてロスカットを上回ってしまった・・・なんて可能性も出てきます。

 (過去の為替変動をチャートで確認したい方はこちら)

そんなとき、追証分を全額負担する海外FX会社のゼロカットシステムは、最悪の状態から救ってくれます。すなわち、無一文になるどころか多額の借金を背負う状況から守ってくれるわけです。過去にも度々起こる金融ショックに巻き込まれて借金地獄に落ちた人は大勢います。そしてその時は反省し、ロット数を調整したりするのですが、喉元過ぎると熱さを忘れ、ショックを知らない新たな世代もFXに参入してきて、次に起きるショックで大損し追証を求められることになるのです。

それだけに、海外FX会社にしかないゼロカットシステムは身を守る必需品になります。一度でもショックに直面した経験があれば、ロスカットシステムのないFX会社は怖くて使えません。

FX会社としてはなるべく積極的にトレードしてもらったほうが取引量が増えて利益になるため、スプレッドを高めに設定してゼロカットに耐えうる資本を維持しています。日本国内のFX会社はスプレッドを狭くするよう躍起になって競争していますが、個人的にはスプレッドの高さよりゼロカットという緊急保護システムの方が断然譲れません。(当然ですが、充分な資金があればロスカットにはなりません。資金やトレード手法によっては国内FX口座の方が良い点もたくさんあります)

 

複数口座を所有できる

XMは複数口座を開設し所有することができます。そのため取引通貨ごとに口座管理したり、大切な資金を分散管理して急激なロスカットの被害から守ることができます。

取引を一切行わない資金管理専用の口座を開設し、取引口座にはエントリー時に必要最低限の資金を移動することで、完全ノーリスク管理をしています。

 それというのも、XMのデメリットとして出金の手続きが複雑です。クレジットカードやビットコインでの出金も可能ですが、あくまで入金した額のみ返金される形となり、入金額以上の利益については銀行送金されます。つまり10万円入金して20万円の利益が出たら、10万円がクレジットカードに返金され、残りの10万円は銀行送金になります。2万円以上の銀行送金はXMが負担してくれますが、地方銀行だと銀行送金に慣れていなかったり、出金までに5日くらいかかってしまったりと、なにかと不便を感じます。なのでよほど現金化したくない限り、資金は専用口座を作って一元管理するのが最も効率的となります。

複数口座の使い方は様々で、デイトレ用口座と長期戦口座に分ける、裁量トレード口座とシステムトレード口座に分ける、など考え方次第で面白い組み合わせがいくつでも出てきます。(ただし、買い口座と売り口座に分けるのはNGとなる可能性があるので注意してください。異なる複数口座で同一通貨を同一価格で両建てした場合、仮装売買の禁止として違反行為となります)

 

 MT4~世界基準のトレードシステム~ 

私がXM と出会ったきっかけは、このMT4(Meta Trader4)取引システムでした。MたT4はロシアのMetaQuotes社が開発したトレードプラットフォームで、海外FXの基準トレードシステムとなっていることからも、その利便性の高さがうかがえます。

まず動作がとても軽いです。日本のFX会社はそれぞれ独自システムを開発していますが、そのほとんどは動作が重くて運用に耐えられません。ちょっとチャートを見たいときでも起動に5分近くかかったり、フリーズしてしまったり。そのための専用機であれば動作も安定するでしょうが、難しい面があります。

それに対してMT4はものすごく軽快です。それも他のどのトレードシステムよりも高性能であるに関わらずです。さらにiPhoneスマートフォンでもプラットフォームが配布されており、自宅でも外出先でも価格やチャートの確認ができます。

そしてMA(移動平均線)やオシレーターといった各種インディケーターを実装しており、チャート分析の必需品がほぼ全て揃っているといっても過言ではありません。さらにEA(Expert Adviser)という自動取引システムまで実装されています。いわゆるシステムトレードがMT4でできてしまうわけです。

このインディやEAについては、自作したり他の人が開発したものを利用できたりと無限の広がりがありますので、機会があれば特設ページ等でご紹介したいと思います。

 

まとめ

正直いうと、金融庁が日本国内のレバレッジを現行の25倍から10倍に引き下げると言ったとき、これでまた被害者が増えると思いました。少額投資で一攫千金が成功するからこそFXは安全であったのに、10倍に引き下げるということは、トレーダーが投資しなければならない資金が増加するということです。同じ取引をするにあたり、これまでは10万円の投資でよかったものが25万円投資しなければいけなくなる訳です。そして海外FX口座のように急激な価格変動に対してゼロカット保障してくれる訳ではありません。これをリスクと言わずして何といえばいいのでしょう。IR法案でも指摘されていることですが、入場料を高くすればカジノ利用者が減るという考えは安易に受け入れる訳にはいきません。逆に一種のあこがれで素人が参加し、カモになるのを助長する可能性もあるのです。様々な意見があると思いますが、まずは国内FXのレバレッジ25倍が守れたことが、なによりだと思っています。

 

そして本題ですが、

FXで大儲けしたいなら海外FX口座は必須です。FXで大儲けする絶対条件は資金を最大限有効に利用すること。そしてリスクを最小限に抑えることです。その点においてわずかな資金を800倍の価値にしてくれるうえ、負けたとしても投資額以上の損益を吸収してくれる海外FXは無くてはなりません。そしてMT4を使い始めれば、その利便性の高さに惚れ込んでしまうでしょう。

 

口座開設までの手順も簡単ですので、ぜひ海外FX口座という選択肢も考えてみてください。