為替FX仮想通貨で億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

NYダウと日経平均の同時急落

NYダウは800ドル、日経平均株価は1,000円超(終値ベースで950円)の急落が発生しました。これはひとえに米国の中国貿易摩擦に対する懸念感と、FRBが米金利上昇を押し進めることへの懸念感から投資家の調整が入ったものと考えられます。

 

NYダウの下落チャート

f:id:ganesh123:20181012010558p:plain

 

日経平均の下落チャート

f:id:ganesh123:20181012010817p:plain

 

日本時間11日深夜のNYダウ下落結果を受けて11日の東京市場も似たようなチャートになっていますね。多くの市場関係者がNYダウ急落を受けて株保有の調整に乗り出したことが深くうかがえます。どちらもニュースになるほどの急相場だったわけですが、NYダウ日経平均ともに急落は少し前の段階から予想されていました。

 

そして具体的にはNYダウは25,334ドル、日経平均株価は22,479円で下げ止まると予想していたのですが、NYダウについては少し高値で踏みとどまったものの、日経平均株価についてはほぼほぼピッタリの値で下げ止まりました。

 

そろそろ調整局面に入ることを懸念して売りへの転換を準備していた矢先のイベントだけに、特にNYダウを受けてからの日経平均株価の急落は分かりやすかった方も多かったと思います。私もNYダウはMA割れを充分に確認してからの売りエントリーだったのですが、日経平均株価については朝イチから売りを仕掛けてしまいました。

ちょうどNYダウの買い込みを整理したかった局面でもあったので利益確定もできて満足な取引ができたと思います。おそらく多くの投資家の方も似たようなトレードをしていたかもしれませんね。

 

f:id:ganesh123:20181012012134p:plain

日経平均株価の下落予想価格である22,479円については、まさに過去から続くサポート帯で止められた形です。これだけ強力なサポート帯を目標に売りエントリーができるのは、非常に安心感がありますね。今後もこのサポート帯は意識され続けるでしょうから、これからの相場が上昇するにせよ下降するにせよ、基準となる価格になると思われます。

 

一方でドル円為替相場はほとんど影響がありませんでした。相変わらず112円前半がサポート帯として強力に機能しているので、レンジ相場が継続中といった感じです。また資金の避難場所であるゴールド価格は急上昇していることから、安全神話は生きていますね。これからしばらくはゴールドに投資することも良い選択だと思います。一昨日にIMFが世界経済見通しを引き下げてから素直に上昇していることから、今回のイベントが追い風となるかもしれません。

 

いずれにしてもチャート分析の観点からは予定調和に近い相場変動であり、うまく活用すれば利益に通じたことは間違いないです。為替口座では多くの経済にかかるニュースをいち早く提供しているため、それら速報を瞬時に取得してチャート分析結果に落としていく作業が、莫大な利益につながっていきます。

 

ちなみにNYダウ日経平均株価の急落については別のホームページでも解説しています。雑記ブログ的なサイトなのでいろいろとお恥ずかしいのですが、よろしければ訪問してみてください。

NYダウ急落

 

 

MT4口座

リアル取引口座登録