為替FXで億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

ビットコイン急落中

為替相場に大きな動きがないため、今日はめずらしく仮想通貨について。

メルマガではすでに示唆していましたビットコインの下落ですが、ここにきて更に下落の勢いが激しくなりました。

f:id:ganesh123:20181120092256p:プレーン

これまでは仮想通貨なりに機能していたサポートラインである6,000ドルは割らなかったビットコインですが、もしこのサポートラインを割ったら急落します・・・といった話をしました。そのビットコインが、今月14日に下落。そのままこの1週間で一気に5,000ドルを割ってしまいました。一時期は4,600ドルまで下げ進んだのですが、いまは若干回復して持ち直しています。

 

ここで考えることが2つあります。1つは6,000ドル台を維持したという事実。まったくの無法地帯だったビットコインにも、サポートラインのような秩序が発生したということです。これはビットコインが「投機」の対象から「投資」の対象へ成長してきた証でもあります。秩序のない世界に投資はあり得ません。投資とギャンブルとの大きな違いは、ルールを踏まえれば6割強で勝てるということです。あてずっぽうではないことが投資の最低条件です。

 

そしてもう1つは、5,000ドルを割ってきたという事実。メディアはもう仮想通貨なんて忘れ去ってしまったので、テレビのニュースやバラエティ番組で「ビットコイン急落!今こそ買い時!」なんて報道しません。きっと世間の話題としても、仮想通貨は過去のブームくらいになっていることでしょう。しかし、投資家にブームは関係ありません。むしろ皆が忘れたころが稼ぎ時とばかりに、虎視眈々とその局面を待っているものです。

 

そして今、ビットコインは4,000ドルまで下がってきました。この先どうなるかの予想はなかなか難しいかもしれませんが、少なくとも今のうちにトレード環境やチャート分析できるプラットフォームは整えておけば、いざと言う時に悔しい思いをしないで済むと思います。

 

仮想通貨については新規参入の業者も数多くありますが、まずは日本の取引会社を利用することが絶対です。仮想通貨だけにプログラムセキュリティも社員や運用者といったヒューマンセキュリティも万全な会社でなければ、資金がいつ流出して消えてしまうかわかったものではありません。日本の中でもそうした事例はありますが、それでも海外、とくにアジア圏の新規参入業者には、あまり手を出さないようにしましょう。

 

日本で運営しているビットコインを取り扱える口座の開設はどれも簡単です。随時紹介していこうと思うので、楽しみにしていてください。