為替FX仮想通貨で億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

ビットコインはさらに半値!

1Bit=6,000ドルだったビットコインが、さらに下落の一途をたどって3,600ドルまで値を下げてきました。もしこれを為替チャートに当てはめれば、6,000ドルを下回った時点で下落トレンドが発生していて、3,500ドルを下回るまで急落が加速する勢いです。ただ仮想通貨はその存在自体が未熟であることから、チャート通りにいかないのが面白いところです。

 

f:id:ganesh123:20181127210821p:plain

3,600ドルといえば、昨年の9月の水準です。昨年度はここから年末にかけて大暴騰して数多くの億万長者を排出しました。「あー!どんなに遅くても秋口までに買っておけば!」と後悔した人も大勢いたことでしょう。

そして年末には19,000ドル付近まで値段が跳ね上がり、「さらに上がるだろう。このままま上昇していけば20,000ドルなんて簡単に超してしまう!」という報道に踊らされて、17,000ドルくらいまで下がった時点で押し目買いを行い、結果としてその後ビットコインは下落の一途。現在の4,000ドル割れに至るまでに大損した人も大勢います。

 

そのため以前はビットコインを扱っていた海外口座でも、創生バブル後はチャートは見れても取引自体はNGとなってしまいましたね。

 

一方で日本の大手取引会社は、仮想通貨が取引しやすいように独自のプラットフォームを開発し、荒くれ者である仮想通貨を信用取引の地位に引き上げようと力を入れてきました。

 f:id:ganesh123:20181128041343j:plain

 例えばGMOコインのプラットフォームはスマホウィジェットにリアルタイム価格を表示させるなど、手軽な監視体制が行えるよう工夫されています。しかもビットコインだけでなく、アルトコインであるイーサリアムリップルまで取り扱い対象となっており、今後もし仮想通貨が増加しても迅速に対応してくれそうです。

 

もともとビットコインは少額投資が基本です。たとえばGMOであれば0.0001BTCから購入できます。すなわち約100円から仮想通貨を購入することができます。そして取引所と販売所のどちらからも購入できるので、大口で購入したい場合や、安定した価格で指値購入したい場合などで取引方法を選択することができます。GMOでは取引方法をアプリが瞬時に切り替えてくれるので、ユーザーは悩むことなく、自由に安定してトレードすることができます。

 

仮想通貨FXも【GMOコイン】

 

特に取引をしなくても、スマホウィジェットに仮想通貨を表示させておくだけでもトレーダーとしての勘が磨かれるものです。そして昨年と同様に年末商戦に向けてビットコインが値上がりをしてくれれば・・・、いつでも購入する準備は整ったというものですよね。

もちろん仮想通貨は予測困難なので、「今が安値」かどうかは自分の判断になります。つまり将来性のある仮想通貨だけに、自分で納得できる価格で保有さえしておけば、いつか価値が急上昇した時に億万長者になれる可能性があるということです。いわゆる株と同じで長期保有が絶対条件と考えたほうがよいでしょう。為替のようにチャート分析してデイトレードで稼ぐことはほぼ不可能ですが、宝くじを買うよりもずっと当たる確率が高いギャンブル商品と見ておけば間違いないと思います。

 

もし上のリンクから登録された方で、メルマガ配信を希望される方がいれば、下記アドレスまでご連絡ください。別途対応したいと思います。

fx-trade@ganeshy.com