為替FX仮想通貨で億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

売り優勢 日経平均株価538円安

113.6円をピークに円高ドル安に傾向した為替相場が、日経平均株価に500円超の株安をもたらしました。

f:id:ganesh123:20181204205945p:plain

1日で538円の下落を記録した日経平均株価ですが、その兆候は夜中のNYダウの急激すぎる上昇から始まっていました。25500ドルの壁を突破したことを皮切りに急上昇したNYダウですが、日足チャートも途切れる価格の急上昇に市場も対応できず、買い需要が温まる前に利確売りが優先になったことで価格が下落し、市場が一気に冷めてしまった状態を作り出してしまいました。

f:id:ganesh123:20181204210946p:plain

チャートを見ると、サポートラインだった25500ドルを抜けた時点で価格がワープしてしまっているのが分かります。ここまで価値が急上昇すれば、利確勢力が席巻するのも無理のない話です。ここで買おうという人などいませんので、一気に売り掛けで値段が下がるのは言うまでもないですね。

 

そしてNYダウの落ち込みは、そのままドル円の相場に反映されました。113.8円付近でせっかく買いトレンドが発生気味でしたが、NYダウの落ち込みを見て112円後半まで急落してしまいましたね。その落胆が引き続いて、日経平均株価の583円安を記録したという結果です。

 

こればかりは価格急上昇=「早く利益を確定したい」という人間の根本的な欲によるものなので、どうしようもありまえん。なにせ私もNYダウがサポートライン突破と同時に500ドルも急上昇したので、根拠も理屈もチャート分析も関係なく全ポジションを決算した人物の一人なので、まあ世界中の投資家が同じことをしたでしょうそれほどまでに興奮する伸びを体験した一夜でした。

 

それだけに日経平均の急落だけをもって悲観される市場関係者の方には申し訳ないのですが、NYダウ下落、円高ドル安と来て、日経平均株価が伸びる可能性がある訳がありません。どう疑っても警戒すべき場面でした。むしろ先月の下落示唆ラインである22100円で下落が収まっただけでも安堵のひと言です。さらに下がる可能性もありましたので、まずは下げ止まって損失が限定されたトレーダーも多いのではないでしょうか。

 

年末に差し掛かって株価が下がることは多くの企業にとって望ましくないことは明確です。皆が上昇を望んでいるこの時期だからこそ、たとえ上が重い壁に塞がれていようとも上昇につながる可能性を充分に秘めていますので、安易に下落トレンドに移行したと決めつけず、粘り強く買いトレンドに向けた押し目買いのチャンスだと考えて前向きなトレードを心掛けましょう。