為替FX仮想通貨で億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

レンジ相場継続で利益量産の流れ

ドル円、ユーロ円、ポンド円、ほぼ全てのクロス円通貨において、見事なほどにレンジ相場が的中しています。それぞれのサポートラインと天井ラインでの反発を丁寧に見極めれば十中八九の利益が保証されるくらいの精度を続けていますね。

f:id:ganesh123:20190317225846p:plain

ポンド円に至っては約4円幅の上下運動に対応していますので、10万通貨単位でトレードすれば一回の上下だけで80万円の利益になります。そこまで徹底しなくても、MAに沿った利益追求だけで数十万円の利益は保証されたようなものです。

もちろん米ドルもユーロドルも類似した上下運動をしていますので、どの通貨を選択したとしてもこの数週間は大幅に利益を吸収することができたのではないでしょうか。このレンジ相場については、未だブレイクする兆しが無くダラダラと迷走を続けている状態なので、もうしばらくはシステム的トレードだけで稼げる日々が続くかもしれません。もともと年度末である3月は相場に変動が生じにくい鈍化したチャートに終わる可能性が最も高い月なので、裁量トレードに頼るよりもシステムトレードへの転換を上手に掴むことで継続的な利益を求めやすい時期でもあります。

この「裁量トレードからシステムトレードへの転換」を肌で感じられた方だけが達成できる継続的利益、いわゆる「楽に稼げる」利益を満喫できるかどうかが、毎日チャート分析しているか否かの違いになります。ただガムシャラにチャートを追いかけていると、こういったシステムトレードの時間帯に、運悪くも裁量トレードで全てのシグナルが逆に働いて、これまでの利益を棒に振ってしまう始末になりかねません。あくまで裁量トレードも為替売買のいち手段でしかなく、タイミングによっては自分の腹をえぐる凶器でしかなくなることを理解したうえで、今現在のFXの状態を見極めてトレードの手法そのものを検討する必要があります。

ということで偉そうにシストレの素晴らしさを解説したわけですが、本当に裁量トレードからシステムトレードへの移行というのは明確にする必要があります。いつまでも「落ち目を狙って再上昇に賭けろ!」なんて説明しているチャートオタクの言うことを聞いて損失を重ねる必要はありません。トレンドが終われば待っているのはレンジ相場です。そのあたりの感覚を磨くことが重要だと思います。