為替FXで億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

大荒れの為替相場、今後の予想

GW明けからものすごい勢いで為替相場が下落の一途をだどって止まらない勢い・・・のように感じますが、3月の円高水準に戻ったに過ぎません。例えばドル円。あえて言うのであれば、111円台前半の第一サポートラインを割った時点で円高が加速したのが印象的だったと思います。WG明けとともに始まった相場がいきなり乖離した値をつけたため、一気に売りが優勢になりました。それでも今年1月から2月にかけて約1か月もの期間にわたって円安を拒み続けた109円台後半だけに、さすがに下落局面においても踏みとどまっている状況です。

f:id:ganesh123:20190509215846p:plain

111円を割り込んだ時点で相場の方向性は明らかに下落トレンドに入りました。レンジ相場からトレンド相場への切り替えでは、すべてのポジションをクリアにすることが鉄則です。ただしトレンドと同じ向きのポジションについてはトレイル決済で利益を伸ばすことが有効です。明らかにトレンド相場に入ったと判断できるかどうかは、チャート上で長い時間軸を把握できているか否かによります。

(メルマガ読者の方には下落目安をいち早くお伝えした次第ですが、分かり易かったでしょうか?配信を急ぐあまりに雑な言い回しでなかったかと心配しておりました。)

 

一方で、豪ドル円やユーロ円は過去にない値まで下落しているので、引き続きトレンド相場が続く可能性は大いにあります。特に豪ドル円はトランプ氏による中国制裁の影響をもろに受けるため、一層の下落加速が心配なところです。

f:id:ganesh123:20190509221133p:plain

年明けを跨いで77円から70円まで一気に7円下落した衝撃が再びこないことを祈るばかりですね。(もっとも早くから下落を示唆しており、70円を底値と判断してV字回復を狙い888倍トレードで大儲けしたトレーダーの方もおりましたが・・・。私は正直、73円付近まで回復するのを待ってから買いポジションをとりました。さすがにこの時ばかりは買うタイミングに苦慮した思い出があります。)

とはいってもトレンド相場こそが為替の真骨頂!であることは間違いないので、余計なポジションを保有したままトレンドに飲み込まれないよう、サポートラインの確認だけは怠らないようにしましょう。

 

確実なチャート分析に欠かせないMT4を最も手軽に使いこなせる口座はXMです。