為替FXで億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

MT4で全自動売買システム

みなさんのFX取引ツールはMT4でしょうか?

私は日本のFX企業の提供してくれる為替ニュースや時事ネタも貴重な情報であるため複数のFXツールを使っていますが、それでもチャート分析や莫大な利益を期待する相場で使うツールは、必然的にMT4になってきます。

 

そして今現在のような短期的なレンジ相場(となるかブレイクするかは今後次第ですが)において小幅な値動きの中でもしっかりとお小遣い以上の利益を稼ぐためには、つまりレンジ相場において適正なシステムトレードを行うためには、MT4がなくてはならない存在になります。

MT4でシストレを行う一番のメリットは何か?と聞かれれば、ずばり「FX業者とのシストレ契約が不要であること」のひと言に尽きます。レンジ相場の今だけシストレを行おうとしても、シストレ環境を自分で構築しなければ、思いどおりのトレードをすることは無理なんです。極端な話「109円20銭と109円90銭の間だけで短期的にシストレをしたい」なんて要望に応えてくれるFX業者はないですよね。でも今のレンジ相場がまさにそうであり、しかしながらFX業者の用意するレンジ相場用シストレでは、1円刻み、50銭刻み、30銭刻みくらいの大雑把な売買しかできない・・・というのが決定的な悩みなわけです。それで放ったらかしで利益が積みあがりますと言われても、ちょっと戦略に欠ける気がしますよね。

 

少し考えれてみれば明白ですが、FXの世界において1円の値動きというのはとんでもないトレンド相場です。それを「1円刻みで放ったらかし自動売買」なんて宣伝文句、そもそもレンジ相場ではない1円という動きをシストレで利益に繋げようという発想そのものが私には理解できません。ならば30銭刻みならOKか?と言われれば、値幅的にはレンジ相場かもしれませんが、109円00銭、30銭、60銭、90銭しか選べません。109円20銭でポジションを持ちたいのに、それができないんです。

 

という訳で私がシストレを行う場合、必然的に自己環境に徹することになります。

そうなるとパソコンを起動しっぱなしでMT4を稼働し続けることになるわけですが、(残念ながらMT4はパソコン単体で稼働しているのであって、サーバー等で動いているわけではありません。ソフトを止めればシストレも止まります)それは電気エネルギーの浪費ですし、一日中パソコンを起動しっぱなしというのは環境衛生的にもパソコン寿命にも良い影響は与えません。ショートや火災の心配までついてきますし、24時間ネット接続したままなのでウィルス感染等の心配も増えてきます。

 

そんなわけで自己環境を構築するためにはサーバー契約する必要があるわけですが、ここ最近は本当に便利というか、FX専用の格安VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)サービスが数多く見られるようになってきました。

 

 GMOのFX専用サーバー

 

さくらVPS

   

 

これらは容量等の違いはあっても、ほぼ千円未満でプライベートサーバーを構築することができるため、FXのシストレを構築するには素晴らしい商品となります。

次回はできれば具体的なVPS構築方法について教示できればよいかと思います。