為替FXで億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

名トレーダーへの近道

一流トレーダーに弟子入りしたことはありますか?どの世界にもプロがいて、一流がいて、FXトレードでも例外なく流儀を築いて弟子を迎える人も存在します。

マンツーマンで教える人もいれば、講演や実演という形で特定多数の人に教える人、LINEをはじめとしたSNSを通じて教示する人、私のようにゆるーくブログやメルマガで伝える人など、現在の教示環境は多岐にわたります。

 

私もFXの日が浅いころは、一流トレーダーを真似するという手法をよくとっていました。本当に単純に、一流トレーダーが買ったら自分も同額を購入し、一流トレーダーが決算したら自分も利益確定するという具合に、完璧に取引売買を真似することで稼ぎを掴んでいたわけです。

f:id:ganesh123:20190702220940p:plain

例えば上の絵のように、すこぶるよい成績を上げているトレーダーにターゲットを絞って、売買のタイミングを必死で合わせているうちに、自然と正しいトレードが身に着くように体で覚えるのが上手になる一番の近道だったと思います。

そこはスポーツと通じる部分もあると思うのですが、結局人は知識や理論よりも「経験」がモノをいいます。もちろん才能よりも。粘りすぎてタイミングを逃す人は、ベストなタイミングを体に覚え込ませない限りは一生にわたってタイミングを逃すトレードをします。逆に焦る人はフライングで資金を失い続けます。まして酒を飲みながらトレードする経験が身についてしまった人は、酒の味付けのためだけにネット漬けのトレード漬けになります。当然、勝機はほぼ皆無でしょう。

 

そんなトレーダーにとって必要不可欠な「経験」を、独学や間違った癖ではなく、一流のトレーダーから伝えられた人は幾人いることでしょう?おそらく個人的に始めた人のほぼ全ての方は一流トレーダーから教わった経験はないと思います。

もちろんそれで勝てれば問題ないですが、常に負け続け・・・と言う人は一度、正しく「勝つ」ための取引を身をもって体験すべきです。料理はレシピを見てるだけでは上手にならないのと一緒で、包丁を手に持って鍋にお湯を沸かして、大サジに調味料を入れて味見をしてみなければ、本当に美味しい料理をつくることは難しいでしょう。

竹串でつついた柔らかさが手の感触でしっかりと分かるように、グツグツと煮え立つ熱湯に麺を入れるタイミングが分かるように、トレードの世界も実際に経験してみなければ分からないことばかりです。

f:id:ganesh123:20190702222454p:plain

このチャートは上のプロが実際に取り扱った同期間の為替の動きですが、果たしてこのチャートから莫大な利益を生み出す経験をしたことがあるでしょうか?

なんとなくここが底値で、ここが買いポジションで、ここから利確に向けて・・・なんてシミュレーションすることはできるかもしれませんが、まだチャートも描かれていないリアルタイムでその先を予測することは、よほどの手練れでない限り難しいと思います。

しかしその「手練れ」であれば、その先を予測してしまう。まさに常人の成せる技ではないわけです。その想定外の予測の実力を知らないうちから、世界のプロと鬩ぎ合おうと意気込んだところで、まさにカモにされるのがオチです。

ということで、今は大変便利なツールもそろっており、プロの手法を真似ることが容易になっていますので、次回はその具体的なところをお話したいと思います。