為替FX仮想通貨で億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

仮想通貨から経済指標まで最強のMT5

MT4の後継機であるMT5の存在はご存知だと思います。

しかしこれまではEAが少ない、インジケータが不安定、仮想通貨が取り扱えないなどの理由から、無難なMT4を使う人が多かったと思います。

かつての私もそうでしたが、XMトレーダーが2018年10月に仮想通貨の取り扱いを再開してから一変しました。なにせただでさえ主要通貨からマイナー通貨、経済指標からがオイルやゴールドといった先物まで取引できる最強ツールであったMT4に加えて、MT5では仮想通貨まで取り扱えるのですから、もうこれ以上の超!最強ツールはありません。プラットフォームもスマホ対応なので、自宅でも外出先でも常に最新の情報をゲットできます。さらに世界共通なので、海外のブローカーとの情報交換にも申し分ないわけです。

 

USDJPY2019/9/5

f:id:ganesh123:20190707044334p:plain

例えば先週金曜のドル円終値が108円40銭を超えた事実を仲間ブローカーと談義するときに、チャートをすぐに開いて、自分のオリジナルMAや、メモ書きを含めた画像ファイルをメール送付できて、このブログのように簡単に掲載することも可能なので、情報交換ツールとしても充分に活用できます。

 

EATUSD 2019/7/5

f:id:ganesh123:20190707044522p:plain

同じようにイーサリアム/ドルなどの仮想通貨もチャート分析可能で、土日を除けばリアルタイムで取引することもEAで自動売買することも可能です。まあMT5のEA販売はまだまだ技術的に作成が難しいことからも希少な存在ですが、実際は仮想通貨は自動売買できるレベルまで成熟していないので、手動取引がちょうどよいとも思います。

ちなみにどうしても土日祝日にも仮想通貨で取引したいというのであれば、DMM.comのような仮想通貨正規取扱い業者と契約したほうがよいでしょう。そのあたりについてはまた特集を組んで掲載したいと思います。

 

XRPUSD 209/7/5

f:id:ganesh123:20190707045915p:plain

リップルなどの仮想通貨も扱っています。ビットコインとは違ってマイナーコインの取り扱いらしい1リップル0.37ドルですね。約40円。これなら今のうちに大量買い

しても資金面で苦しくなることはありません。

 

MetaTrader 5 (MT5) 取引プラットフォーム

f:id:ganesh123:20190707050227j:plain

  

現代において仮想通貨というのは「持っているだけで評価に値する」という今どき珍しい商品です。商談においても取引相手が仮想通貨を使いこなしていたら、自分が時代に取り残されたような感覚に陥りますよね。知らなくても良い世界ですが、知っていればビジネスシーンで優位に立つことができるツールです。ましてトレードの対象にできるのであれば、人物としての評価も加点されて当然と言えます。

さらにはたまに到来する急騰騒動。普段は自己評価の加点材料として保持しておき、人気になったら一気に売りさばけばよいのですから、仮想通貨の安全資産としての価値はなかなかなモノなのです。

確かに暴落もするので積極的な保持を推奨はしませんが、投資先としては十分な要件がそろってきたので、手を広めてみるのも勉強の一つだと思います。