ガネッシュFX解読

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

ビットコイン上昇中!

7月28日のブログでサラッと触れましたが、ビットコイン支持線を起点に上昇してきています。

f:id:ganesh123:20190808020541p:plain

支持線は1btc=9,810ドル。そして本日のビットコインは1btc=11,554ドルまで上昇しています。この8月に入っただけで実に1btcあたり1,744ドル。すなわち18万円程の利益となりました。ビットコインは単価がものすごく高くなってしまったため、1ビットコインを購入するのに106万円という資金が必要になるわけですが、XMトレードの888倍を使えば1ビットコインあたり1,200円程で購入できるようになります。そして価格差額をがっぽり稼いだ後に利益確定すれば、運用益だけが残るという最高のトレードを行うことができます。もちろん価格が予想と反対に動いた場合には損失も覚悟しなければいけませんが、XMトレードであればゼロカットシステムにより追証の心配もありません。最初に提示した証拠金の損失だけで損害を食い止めることができます。

 

MetaTrader 5 (MT5) 取引プラットフォーム

 

XMトレードのMT5であれば、夢の仮想通貨を世界共通のプラットフォームであるMT4の後継機であるMT5で取引することができます。MT5は最新式であるが故に自動売買システムと呼ばれるEAや、各種インジケーターの対応は遅れていますが、システムトレードのような高度な取引をしなければMT4と使い心地は何一つ代わりません。むしろ米ドル円やユーロ円といったおなじみの通貨売買から金、銀、オイル、果てはNYドルや日経平均株価といった指標に対してもトレードできる夢のようなシステムであり、さらにビットコインイーサリアムといった仮想通貨まで取引できるという、本当に夢のようなトレードツールに仕上がっています。

既にビットコインもチャート分析によるトレードができる程度まで成熟してきましたので、咄嗟的な急騰や暴落も視野に入れておくことで、随分と予測トレードができるようになってきました。

 

f:id:ganesh123:20190808022132p:plain

トレーダーの任務は、いかに大暴れする投資材料を見つけ出し、いかに将来を予測して重要局面で巨額を投資できるか、にかかっています。その点においてほぼタダ同然から1,200ドル付近まで価値を高めたビットコインは、投資材料として申し分ありません。

おそらく米ドルでどんなに勝負を挑んでも、数日で300ドルも変動することはないでしょう。その大きな価格変動をいかに手綱をつかんで利益につなげられるかがトレーダーとしての生命となります。

 

Android MT4取引プラットフォーム

 

そういった意味ではXMトレードを通じてのMT4やMT5でのトレードは最強としか言いようがありません。全ての通貨は上昇してしまえば水の泡。やれ円高だやれ暴落だとメディアが不安と同情を煽り立てている隙に、サクッと上昇の兆しを感じて買い込んでしまうのが真のトレーダーです。その指標となるチャート分析はMT4でなければ簡単にはできません。

 

ビットコイン支持線から上昇中。米ドルや豪ドルはフラッシュクラックを意識しつ底値の探り合いをしている真っ最中です。一方でユーロ円はフラッシュクラックまで到達した安心感から下落には目途がついてきました。

こうした一連の通貨価格を一手に把握したうえで先物取引や仮想通貨に投資戦術を切り出すことで、確実な利益が実績として積み重なっていくことを理解したうえで、資本金と相談しながら資金投入していくことがトレーダーの基本なのだと思います。