ガネッシュFX解読

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

クロス円、やはりフラッシュクラックを目指すか?

ドル円、豪ドル円、NZドル円、すべて一様に下落しています。

f:id:ganesh123:20190812235039j:plain

ドル円については105円前半まで食い下がってきていて、このままだと104円台になるまで下落が止まらない勢いです。
もしフラッシュクラックまで下がらないと円高が止まらないというのであれば、下落の目処は104円60銭。まさかとは思っていましたか、ユーロ円もフラッシュクラックを越えてズリ下がっていることから、いよいよ104円までの下落が現実的となってきました。

f:id:ganesh123:20190812235546j:plain

豪ドルについもチャートの示す通り、フラッシュクラックに向けて一直線に下がっていますね。アメリカの中国制裁から円高に傾くのは当然の反応ですが、反応の度合いはチャートの良し悪しによっていくらでも変化します。チャートが健全であれば数銭の下落で済むでしょうし、今回のようにチャートが風邪気味であれば数円の下落になります。
けれどニュースで報道される場合は、「情勢悪化の煽りをもろに受けて・・・」となるか「情勢悪化の割りに市場の反応は冷静で・・・」となるかの違いだけです。つまり手頃な材料があれば、結果がどうあれネタにはなるわけですので、その記事に一喜一憂するのはやめて、耳に飛び込んできたニュースを、いかに自分なりにチャート分析して料理できるかが大切になります。

というわけで私もご多分に漏れず、夏休みの盆休みをオフライン同然の状態で迎えているわけですが、チャート分析だけはスマホ用MT4で欠かさずサクッと済ませています。

PCを立ち上げるだけで現実に引き戻される、という方も多い中なので、なるべく短時間でチャート分析ができるスマホ版MT4の活用をおすすめします。