為替FX仮想通貨で億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

下落一段落。各通貨の戦績は?

どの通貨も一定以上の下落が収まって、分かり易いチャートになっています。

ポンドについては129円を下回った時点で2016年から更新できなかった円高ラインに引っ掛かって反発しています。つい7月下旬頃には134円だったことを考えると、この1か月間で5円も下落したわけですね。

f:id:ganesh123:20190818085139p:plain

スタンダード口座の10万通貨であれば1通貨単位につき50万円の利益、マイクロ口座の1,000通貨であれば1通貨単位につき5,000円の利益となりました。

ここに888倍のレバレッジを効かせれば、10万通貨で4,000万円、1,000通貨でも40万円という怒涛の利益額を叩き出すことが可能になるわけです。

 

ユーロ円についても1月のフラッシュクラックを2度打ちする形で下落が止まり、MAの動き次第では上昇も期待できる状況になってきました。

f:id:ganesh123:20190818090726p:plain

いずれはフラッシュクラックまでズリ下がると考えれば、7月上旬の121.6円の値崩れシグナルから売り始めれば約4円の利益となりました。ユーロ円は買い攻める場合にはマイナススワップが足カセになりますが、売りポジションの場合は逆にプラススワップが追い風として味方になってくれます。長期的展望で売り掛けする場合には、日々スワップ益も積み重なるので嬉しい限りですね。

 

そして、意外にも本命だったゴールド。

1,319ドルを起点に買い続ければ、この週末には1,512ドルを迎えました。差額は193ドル、すなわち現在のレートであれば1オンスあたり2万円超えの利益を得られました。1オンスとは約31g。重さも感じない僅か31gにつき2万円の価格変動と考えると、世界におけるゴールドの貴重さが実感できるのではないでしょうか。

f:id:ganesh123:20190818091309p:plain

ゴールドもXMトレードで888倍のレバレッジが効きますので、1オンスを購入する価格で888オンスのゴールドが買えるわけです。888オンス=27,528g=約28kg。ロンドンで取引されている金の延べ棒(ゴールドバー)は12kgくらいですので、取引可能なゴールドバーをまるまる2本購入してお釣りがくるようなものです。それだけの資本があれば、価格変動を味方につければ儲けが発生するのも納得できますよね。

 

リアルFX取引口座を開設する

 

さて、そして気になる米ドル円ですが・・・8月13日の下落をもってフラッシュクラックの下落圏内まで到達したと判断できます。

f:id:ganesh123:20190818092917p:plain

早くは109円前半の下落サイン、遅くは107中盤で何度も繰り返された下落サインをもとに売りトレードに徹すれば、2円から4円の利益を出すことがtができました。

私個人のトレードは、ドル円についてはトランプ氏のツイートで足並みを乱されたため、そこまでストレートに売り続ける状況ではありませんでした。一気にフラッシュクラックに向かったユーロ円とは動きが違ったため、段階的に利益確定したので、利益総額は思ったほど伸びなかったというのが本音です。

 

XMトレード

それでも大きな円高のうねりを自分なりに料理して、大なり小なり利益を積むことができた人も多いのではないでしょうか?長期的展望において、獲得金が全ての結果ではありません。少額でも予測を信じてトレードして確実な勝利を積むことが大切ですので、この円高局面を上手に攻められた人はトレーダーとして実力が上がっているということだと思います。