ガネッシュFX解読

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

各クロス円通貨のレンジ相場詳細

ドル円のレンジ相場における、より具体的な攻め方です。

f:id:ganesh123:20190928233908p:plain

現在は107円中盤から108円前半の間でレンジ相場を形成し始めており、このまま順調にいけば107.5円~108.3円付近で何度も折り返す相場が予想されてきます。

 

単純に仕掛けるとすれば107.5円で買いポジション、108.3円でポジション決済。それと同時に108.3円で売りポジション。再び107.5円に下がった時点でポジション決済。あとはレンジ相場を外れるまで永遠に繰り返す・・・というのが王道になります。

またはリスク分散でエントリーポジションを分けたりロングとショートを両建てしたりと様々な手法がありますが、そのあたりは説明も複雑になるので割愛します。

 

XMトレード

 

同じように豪ドルのレンジ幅。

f:id:ganesh123:20190928234938p:plain

72.7円付近から74円前半までです。一見するとレンジ幅が大きすぎる感じもしますが、間にそれほど遮るものがないので割と自由に上下運動するかもしれません。

こちらもセオリーどおり買いエントリーと売りエントリーの繰り返しで何度まで挑戦できるか・・・FXにおける耐久トライアルレースの様な装いですね。

 

そしてポンド円。

f:id:ganesh123:20190928235526p:plain

132.5円付近から135円前半までがレンジ相場になります。今のMAの位置だとサポートが弱い気もしますが、132.5円付近でしっかりサポートしてくれるのではないかと期待しています。もしサポートが確実であれば一気に買いで攻めても良い局面ではないかと思います。もちろんトレンド相場ではなく、あくまでレンジ相場としての話ですが。

 

次にユーロ円。

f:id:ganesh123:20190929000023p:plain

こちらも117.7円付近から119.7円付近までの2円幅でレンジ相場を形成しているのですが、どちらかというと荒れ相場。まだしっかりしたレンジ形成には至っていないので、上下の壁は少しモロい気がします。

 

XMトレード

 

そして最後にNYダウ

f:id:ganesh123:20190929000717p:plain

ミストバーンが何体も残像のように連なっているのがお分かりでしょうか。上がりたくても上がれない苦しい状況を形で表しています。このまま順調に(?)下落すれば、26,000ドルくらいまでは食い下がるのではないかと予想しています。

ただしこのミストバーンならぬ三尊は、変動価格が大きいため、下がるのが分かっていてもなかなか手を出せないのが実情です。下がると思って大量に資金投入しても、3段階にわたって急上昇したり急下降したりするので、まともな神経では賭けになりません。

だからこその私は、三尊という呼称より「亡霊」と呼ぶにふさわしい形状だと警鐘を鳴らしているので、あまり積極的に取引はしないようにしましょう。

 

ということでレンジ相場の大枠の説明になります。あとのエントリー方法は人によってそれぞれだと思うので、利益をとるか安全をとるか、スプレッドとも相談しながら自分にとって納得のいくトレードを目指すことに尽きると思います。