ガネッシュFX解読

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

ドル円、日経平均、上昇の兆し

ドル円が108.3円を土台に上昇してきています。

f:id:ganesh123:20191016002015p:plain

このまま108.9円付近まで上昇すれば、過去直近の最高値を更新することになり、一気に円安が加速する可能性が出てきました。今すぐにドル円を買うよりも、一旦は基準値である108.3円まで値下がりしたところで大量購入するほうが得策だと思います。もちろん下がることなく急上昇する可能性もありますが、その辺はあきらめも肝心。焦ってレバレッジを高く買い込んで108.3円まで下落したら損切りで一文ナシ・・・という悲惨な状況だけは避けるようにしましょう。

 

どちらかと言えば、「一度切り開いた道は往復しやすい」と判断し、一旦はどこまでも上昇を許して、反落した際には段階的にポジションを保有して再上昇に期待する。という戦法のほうが堅実です。数日前の上昇高値である108.4円付近は反落の目安として十分に機能することが期待できるので、そのあたりまでの反落を待ってからエントリーしてもよいのではないでしょうか。

 

一方で、日経平均株価も上昇しています。

f:id:ganesh123:20191016004146p:plain

台風19号で甚大な被害を被っているというのに、経済指標というのは現実にお構い無しです。大台である22,000円を上昇したところで勢いづいて、現在は一気に22,500円付近まで上昇しています。こちらも今すぐ購入に飛びつくというよりも、一旦戻ってくるであろう22,000円を待ってエントリーを行い、ゴール目安である23,500円付近まで自信を持って引っ張った方が、結果的には好成績を残せると思います。

どうしても慌ててエントリーすると利確も損切も慌てますので、エントリーにこそ拘りをもって臨む姿勢が大切です。

 

リアルFX取引口座を開設する

 

 それにしても日経平均株価の400円以上の上昇は、「米国の貿易協議一部承認」が主な理由だと報じられています。日本列島に多大なる被害をもたらし、「沖永良部台風」以来42年ぶりに名称がつけられると言われている台風19号の猛威に晒された日本の経済事情から、どうして400円も上昇することがあるのでしょうか?

チャート分析をしているから納得する上昇ですが、本当に世間を取り巻く上昇の適当さには辟易する側面が多すぎます。

 

ということで、しっかりチャート分析を行って、経済情勢を予習した上でメディアの話を聞くことにしましょう。