ガネッシュFX解読

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

ユーロ円~今最も完璧なレンジ相場~

どこまでもレンジ相場がハマっている最近の為替です。

なかでもユーロ円についてはレンジ枠がガッチリと固定されています。

f:id:ganesh123:20191104061315p:plain

ズバリ、120.3円付近から121.1円付近。この間で既に3回の往復レンジが確認されています。値幅が約80銭(トレイルを用いれば1円を超えます!)が3往復ですから、ベット数によってはどれだけの資金アップにつながるかは想像に難くないでしょう。

移動平均線がレンジ相場のど真ん中を貫いていますので、まさに平行運用のレンジ真っただ中。これほど安定した横ばいは賞賛に値します。

もちろん今後は円安であれ円高であれ、大きく崩れる可能性があります。いつまでもレンジ相場は続かないでしょう。要は稼げるときに稼げるかどうか。疑心暗鬼のまま手を出さないで、相場が終焉を迎えたころに後悔して手をだしても、それこそ大やけどをするだけです。すでに相場はエネルギーを貯めてきていますから、今後はレンジ壁を突き破ってくる可能性も大いにあります。(その際には逆にトレンド相場として機能してきますので、それはそれで稼ぐチャンスですが。)

ここ数カ月の相場からみるに、クロス円の全体としては円安傾向が顕著です。素直にトレンド相場を予測するとなると、121.1円付近で円安トレンド発動。さらに伸び幅は122.5円までの約1.4円となります。ただ、そうなるまでには一旦の反落、それも119.7円付近までのハッキリとした下落を一旦はさむ可能性が高いと見ています。

つまり円安になる前に円高になる。このあたりの局面では、予想よりもいかに稼げるエントリーができるか。損をしない損切りができるかにかかってきます。

いずれにしても基準値をしっかりと把握したうえで、お手つきチョンボをしない堅実なトレードを心掛けましょう。

 

 

 

ホームページ