ガネッシュFX億万長者

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

値崩れしてもレンジ相場内

ユーロ円については120.4円付近がサポートラインであることが継続しています。

欧州株の上げ幅が好感されてユーロ市場も豪ドル為替も順調に上昇していた様ですが、さすがのサポートラインで反発を喰らって急降下する場面もありました。

それでも上昇機運は盛り返しており、一応はレンジ相場内で均衡を保っている印象です。

f:id:ganesh123:20191119230442p:plain

ユーロ円については、119.7円のサポートラインでしっかりと踏みとどまりました。上限が120.4円なので、今まさに上限サポートに食いついている状態です。ここで利益確定しておき、さらなる上昇が顕著になれば、次は121.1円付近までの伸びを期待する。というのが分かり易い戦略ではないでしょうか。

 

f:id:ganesh123:20191119230742p:plain

一方で豪ドルは、74.2円のサポートラインを下抜けて一度は迷走するかと思いましたが、思いのほか73円前半で反発してサポートラインまで戻ってきました。ただし一度突破されたサポートラインだけに、今度は天井ラインとして上昇を妨げようとしています。これを綺麗に抜ければ次なる上昇ターゲットは74.7円なのですが、少し重苦しい感じは拭えません。(そうはいっても74.2円は幾度となく突破されているので、74.7円まで上昇してくれると期待したいところです)

 

米ドルについてはまさに形式的なレンジ相場になっています。

f:id:ganesh123:20191119231420p:plain

青線~白線、白線~黄線で見事にレンジ相場を継続しているので、幾度となく利益を獲得できていることでしょう。白線を中心に、上がっても下がってもサポートラインに挟まれている状態は、ある意味トレードには最高の環境です。無理なエントリーを重ねて証拠金不足にならない限りは、両打ちしても高い確率で勝てているのではないでしょうか。

 オンラインン取引の標準ツール「MT4」 

 

やはりレンジ相場も長期化すると難しい局面が現れてきます。多少の値崩れがあっても戦法を変えなくても済む程度の余裕あるトレードを心掛け、あまり根詰めて一気に散財しないよう気を付けましょう。

ganeshy@vivaldi.net