ガネッシュFX解読

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

予想しにくいドル、ユーロ。上昇傾向のゴールド

おおよそ1円刻みのレンジ相場のど真ん中に価格が固定されてきており、上がるのか下がるのか非常にはっきりしない相場が続いています。

 

ドル円チャート

f:id:ganesh123:20191212000610p:plain

 

ユーロ円チャート

f:id:ganesh123:20191212000819p:plain

これらの通貨を上手に料理しようと思っても、それなりの代償を払う覚悟が必要になります。もちろん儲かる確率もあれば、見事に損する確率もあります。ですが私達は儲かるためにFXをやっているので、今ここで手を出す必要はどこにもありません。

 

一方でゴールドは分かり易い相場です。

f:id:ganesh123:20191212001013p:plain

1オンス=1454ドルから下回る可能性はほとんどありません。そして直近では11月の価格を見ると、実に1511ドルまで上昇していたのです。確かに2013年以来の高値圏なので行き過ぎ感から決算される局面ではありますが、それでも確実なサポートラインに押し戻されている状況を考えると、タイミング的にはエントリーしても良い局面ではないかと判断されます。

もちろん下落が一時的であれ加速する危険性はあるので、できるならロウソク足の実体だけでなく、ヒゲまで加味した値段でエントリーした方がより安全であることは間違いありません。もちろんその分エントリーできる確率は減りますが、含み損を抱えるリスクとの相談になりますので、個人の判断に委ねるところになります。

もし1454ドルでエントリーして1511ドルで決算すれば57ドルの利益。1ドル=108.6円なので6,190円の儲け。もちろん飽くまで1オンスに対する利益なので、賭け方によっては更なる利益を生む可能性も充分にあります。

為替とは異なるゴールドという取引に抵抗もある人も多いかと思います。手放しにお勧めするわけではないですが、手の出しにくい相場に無理をして火傷を負うくらいであれば、取引の幅を広げてゴールドやオイルについて学ぶのも面白いかと思います。