ガネッシュFX億万長者

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

ポンド円、ユーロ円はレンジ相場形成か

ポンド円とユーロ円が完全にシンクロしていますね。

 

ポンド円

f:id:ganesh123:20191218233150p:plain

ユーロ円

f:id:ganesh123:20191218233208p:plain

どちらもイギリス国民投票の結果を受けて、サポートラインを突き抜けてきました。そして今現在は調整下落に入っていますが、おそらくサポートラインまで落ちた時点で再び上昇に転じて来るでしょう。すなわち、新たなレンジ相場が形成されつつあります。

 

ポンド円については142円中盤、ユーロ円は121円初頭をサポートラインと位置付けてよいでしょう。この辺りでエントリーを狙えれば、再上昇に便乗して利益を獲得することも難しくないと思います。

 

今回のイギリス国民投票は、首相が交代してからの勢いを考えれば離脱派が優位であることは容易に想像できました。そもそもドイツやフランスと比べると、イギリスがEUに加盟する意義は浅いものです。EUの前身であるEECが結成されたとき、イギリスはそれに対抗してEFTAを発足したくらいですから、主導権を握れないのに欧州圏と苦楽を共にする考えなど無いのです。

またドイツに戦争を仕掛けられないか心配なフランスや、ロシア共産圏の進出に警戒しなければならない東方諸国と比べればリスクに晒されていないイギリスが単独で世界を相手にしたいと考えるのは至極当然のことです。

 

ということで予想どおり離脱してしまう訳ですが、為替クロス円としては未だシンクロ率の高いチャートを形成しています。各通貨をクロスドルで見ると複雑になりますが、クロス円であれば比較的狙いやすいレンジ相場が続くのではないでしょうか。

 

ドル円も安定したレンジ相場を継続していますが、より価格推移の高い通貨での取引を望むようであれば、イベント完了後のポンドとユーロは狙い目かもしれません。

 

ganeshy@vivaldi.net