ガネッシュFX億万長者

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

肺炎もEU離脱もなんのその。堅調な中、唯一の下落通貨は・・・?

予定どおり、米ドルはサポートラインでしっかりとサポートされています。

f:id:ganesh123:20200202212106p:plain

もちろんここまで売りポジションをとっていた方は、まずは一旦ポジションを解消する時です。ここから先はさらに下落する可能性もありますが、そこまで求めるのは得策ではありません。既に109.54円以上の価格で売り掛けている皆さんは、充分に利益を積んでいると思います。ここは一旦、素直にサポートライン到達で利益確定してよい局面だと思います。

 

一方でEU離脱の渦中にいるユーロ円。

f:id:ganesh123:20200202212559p:plain

こちらもサポートラインに食らいついてはいますが、明らかに下回っています。再び回復する可能性もありますが、買いポジションをとるには完全なライン上昇を待った方がよいでしょう。一方で下落した場合は119.5円までは確実に下がると思います。

 

最高の取引ツール「XMFX」

 

さらに続いて豪ドル円

f:id:ganesh123:20200202213356p:plain

こちらは先週の時点でサポートラインである73.5円を(どころか72.5円も)完全に割ってきました。MAも1分足でさえ追い付かない状況ですので、回復する可能性は低いように思われます。やはり中国=オーストラリアという強い絆の中において、新型肺炎の影響は隠しきれません。勢いがつけば71円後半、さらにパンデミックのような状況に陥れば71円前半まで円高が進む危険性もはらんでいます。

傾向とすれば売り局面ですが、唯一の回復エリアである73.5円まで戻った場合には、今すぐエントリーすると1円の損となってしまうので、タイミング合わせはした方がよいでしょう。

 

そして最後にポンド円。

f:id:ganesh123:20200202213737p:plain

こちらはEU離脱の真っ只中だというのに、見事にレンジ相場内に収まっています。あまりに几帳面なレンジなので、今回のEU離脱確定によって週明けのチャートがどうなるか。非常に気になるところですが、せっかく米ドル円もユーロ円も下がりきったところなので、ここ数日はノージションが最善の策かと思われます。

 

 

ganeshy@vivaldi.net