ガネッシュFX億万長者

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

今日が底値。これを割ったら奈落の底。

2003年に流行したSARSの死者が、終息までに800人割れだったのに対し、新型コロナウィルスによる死者は既に3,000人にまで昇ろうとしています。「感染力が高い」=「致死率が低い」というこれまでのウィルスの常識に反して、最終的には世界の3分の2の人口が感染すると予測されるほどの強い感染力を持ちながら殺傷能力も高いという、極めて恐ろしいウィルスであることが明白になってきました。

 

ここにきてウィルスの媒介主と揶揄され始めたセンザンコウですが、中国では昔から漢方薬としてウロコを飲用することが多く、高値で取引されることから密猟も絶えなかった様です。数年前の2018年に象牙の国内取引が全面禁止になるとともに、密猟者はセンザンコウのウロコに目をつけるようになり、何十万匹のセンザンコウに値するウロコの闇取引が行われるようになりました。

 下らない金儲けのために絶滅危惧種である希少な生物を大量殺生した密猟者に対する天罰を、まるで関係のない世界中の人々が肩代わりしているという、まさに当ブログのポリシーに根底から返った愚行によって為替も株も大きく変動しているわけです。

 

さて、その為替や株はというと・・・、まさに本日が底値です。ポンド円などは最強の下落ラインをも突破し、いよいよ経済クライシスに突入するであろう最終ラインでの攻防を余儀なくされている

のと同様に、個別通貨についても底値の最終ラインで食いしばっている状態が続いています。さらなる経済後退を憂いてショートポジションに手をつけるのもよいですが、世界経済を支える投資家としての役割は、ここらで株価を買い戻し景気を後押しすることの方が大切ではないでしょうか。投資は私服を肥やすだけが目的ではありません。資金を持つものは世界の景気をけん引する義務があります。

その責務者がいつまでも売り市場に甘んじて便乗していれば、世界経済が良くなることは夢のまた夢です。ぜひ余剰資金があることを世界の特別な地位であるとご理解し、世界経済の発展に寄与してもらうよう、お願いするのみです。

ganeshy@vivaldi.net