ガネッシュFX億万長者

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

ドル円は102円で大口買いエントリーすべし!

ようやくWHOがパンデミック宣言しました。

危機を予測して予想措置を公示すべき組織が、発生源一国からの賄賂により発表を控え、結果的にインフルエンザの10倍の殺傷力を持つ新生ウィルスの大規模拡散を容易にしてしまった罪は極めて重いです。

そしてマスク不足がピークとなって久しい本日において傷に塩をこすりつける勢いで発表したパンデミック宣言は、世界をさらなる混乱に陥れること必須です。

既に発生源である中国では新たな感染者数も減少して事態は収まりつつあるというのに・・・・。本当に後手後手もいいところで、ふざけているとしか理解できません。

 

ということで、ぐじゃぐじゃと遊んでいる腐敗組織には目もくれず、我々トレーダーはパンデミック宣言をおかずにしっかりと資金を確保していきましょう。

 

まずドル円については、102.3円が大口買いの最低ラインです。ここで大量ロングを仕掛ければ、間違いなく上昇幅に応じた利益が確保できるでしょう。

f:id:ganesh123:20200313001819p:plain

 

そして豪ドル。66.5円での大口買い。まさに今こそが大口買いのタイミングです。

f:id:ganesh123:20200313002144p:plain

 

ユーロ円は117.1円付近が最低軸でしょう。

f:id:ganesh123:20200313002245p:plain

NYダウは12,600ドル。

f:id:ganesh123:20200313002437p:plain

レッドゾーンを超えたと思うところですが、ここで踏みとどまる可能性が高いことがチャートから判断できます。

 

これに伴って日経平均株価NYダウの底値到達の影響を受けて、明日にでも下げ留まる可能性が見えてきました。

つまりは全てのクロス円通貨、経済指標について、今こそが買いのタイミングだと述べているわけです。

どう戦略を立てても個人の自由ですが、WHOがパンデミック宣言をしたということは、既に感染拡散が終焉を迎えている事実があるということです。本来はそれでは困るのですが、スイス発WHOのパンデミック宣言は、発症国にとっては事態の終焉を意味しているとしか言えません。

 

医療現場を窮地に陥れるに留まらず、世界経済にまで悪影響を与え始めたWHOの宣言に、何の意味があるのでしょうか。同じ予想屋として許せない気持ちでいっぱいになります。あまりに守り優先の判断をすることに、WHOが存在する意義があるのでしょうか。

 

ということで、中国に続いて日本でも感染拡大は終焉を迎えつつあります。NYダウ下落はこれから感染拡大する西欧諸国の判断なので、日経平均株価に逆輸入するような愚行はやめましょう。

ganeshy@vivaldi.net