ガネッシュFX億万長者

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

ドル円は102.3円から107.2円まで大幅回復!

「まずドル円については、102.3円が大口買いの最低ラインです。ここで大量ロングを仕掛ければ、間違いなく上昇幅に応じた利益が確保できるでしょう。」

 

そう強く解説してからわずか1日にしてドル円は107円を超えてきました!

みなさん、しっかりと大口買いを実行して大金を掴めたでしょうか?

f:id:ganesh123:20200313222225p:plain

世間ではマスコミがNYダウおよび日経平均株価の下落を悲劇として報道しており、ドル円についても奈落の底まで落ちる勢いで下がり続けると予測するばかりだったわけですが、チャート分析ではしっかりと102円を下落地点としてサポートされることが明らかになっていました。そして104円の壁を突破すれば新型コロナ発生前の107円台以降への回復も夢ではないことをお伝えしてきたつもりです。

それが本日、107.2円という形で見事に回復しました!

実に102円でロングポジションを保持した方は、数十万~数百万円の利益を叩き出したのではないでしょうか?

 

ここで私が力説したいのは、チャート分析を信じてBUYをクリックしただけで、通常労働対価の数十倍の金額を1日で稼ぐことが出来たという事実です。

 

私は幼い頃から金融街に連れられていたせいか、なぜか高級車をよく目にしていました。それこそベンツやフェラーリに乗る若者も本当によく目にしたのですが、誰から教え込まれたのか、高級車に乗る若者は自力で稼いだのではなく、親の財産をスネかじりするボンボンだという印象が頭にビッタリとこびりついていました。

なので派手でグラマラスな女性を従える若者を見ても、「あ~親のスネかじりか」と妙に納得して、まるで羨ましく思う欠片もありませんでした。ある意味その判断は正しいわけですが、でも一度自分が簡単に稼ぐ術を身に付けるようになると、その常識は間違いであることが分かってきました。

本当に簡単に億を稼ぐ人間は、あっという間に大金を稼いではお気に入りのフェラーリを買ってしまうのです。もともとエネルギッシュで知的探求心も高いので女性からモテるのは当然で、異性に対して大金を払わなくても満足できる毎日を暮らしていれば、男として世界最速のエンジンであるフェラーリを所有したいという欲望が湧いてくるのは至極当然だとも言えます。「日本の道路で300km/h出せないだろ」と言われても、ワンアクセルで300km/hの世界に誘ってくれる最高のエンジンが待っていれば、どうしても手に入れたくなってしまうのが男の嵯峨なのでしょうか。

 

別にFXで稼いだらフェラーリを買うべきと言っているわけではありません。

 

バイオリンであればストラディバリウス、ピアノであればスタインウェイというように、どの分野であっても最高峰の名器があります。それらは1品数千万円以上することから別格扱いされますが、一度手にすれば他の品は全ておもちゃに感じてしまうほどの極限の魅力に包まれています。どの分野にも最高峰があり、一方で、資金の制約に応じてランクを下げた廉価品が同軸で存在しているわけです。

 

そして「資金」という難関さえクリアすれば、その廉価品でない最高峰を体験できるわけです。モノが欲しいわけではありません。最高峰を体験したいのです。その体験は自分を満足させ、周囲の人間を幸せに誘い、我が子の才能を引き出してくれるのです。

 

特に子供の才能を開花させるには、本人の常識では測れない高次元レベルの刺激を与え続ける必要があります。子供をただ自由に遊ばせておく放任主義では、絶対に子供は才能豊かに育ちません。親が子供を高いレベルに突き落とす(?)ことで、初めて子供は才能の芽を育てるべく窮地に立たされて努力を始めるのです。

 

・・・うーん、何の話でしょう?

とにかく伝えたいことは、簡単に稼げるのだからタイミング良く稼いで、こまかな雑費に無駄遣いすることなく一流品を手にしましょう。それはモノを手中に収めるのではなく、最高の経験をするためにあるのです!と言いたいわけですが・・・。

 

街でフェラーリを乗る若者がいたら、今時「親のスネかじりボンボンだ」と考えるのは古いと思います。そのチャラそうな男が世界を動かす歴史上の英雄であり、横目に見る自分はその他大勢のオーディエンスに過ぎないと考えたら・・・。我々は一体なんのために生きてるのでしょうか?

 

稼げるときには遠慮なく稼いで、本当に欲しいものをゲット!しちゃいましょう。