ガネッシュFX億万長者

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

なぜ日本は新型ウィルスに強いのか?

コロナウィルスのパンデミック認定を受けて、アメリカ経済を中心として世界経済が破綻する勢いで不況モードに陥っています。

 

なぜアジア圏でこれだけ猛威を振るった中において、日本の感染率や致死率は不思議なほどに低いのでしょうか?発生源である中国では3,000人、感染国として最も死亡者数の多いイタリアでは1,800人の死者だと報じられているのに、日本での死者は10名に至っていません。

 

これは日本国が国民皆保険制度の下に所得に関係なく医療受診できる環境にあり、さらには路上生活者やホームレスといった放置された環境で生活する人が極力少ないからに他なりません。

給料をもらっても社会保険料が高いとか文句のひとつも言いたくなりますが、そうした社会福祉制度が充実しているからこそ、世界的な有事においてもパンデミックの影響を感じない程の平和な暮らしを営むことができるのです。

日本国の良いところを正しく評価し、働いている者も働いていない者も、国が求める社会保障費用くらいは負担するようにしましょう。この平和を誰が守っているかといえば、真面目に働いて真面目に納税している労働者の苦労に他なりません。

 

ということで為替と経済指標ですが、NYダウは下落から抜け出せない状態です。

f:id:ganesh123:20200316225103p:plain

これはもうNYダウが米国中心に組織される経済指標であることから、どうしようもありません。米国は医療費が大変高額であり、よほど命にかかわる危機がなければ医者の世話になどなりません。ましてやホームレスが医者にかかるわけもなく、クラスターを防ぐことがどれだけ容易でないかは想像に難くないのは明白です。さらに大統領選の真っ最中であることから、ありえないほどの人が一堂に会して演説に賛同したり抗議したりしています。

はっきりいって治外法権。アジア人を差別する前に自分達の行動を改めろ!と言いたくなる状況です。(それでもアジア人迫害だけで済ませるあたりが米国ですが・・・)

 

なのでNYダウの回復を期待するのは時期尚早でしょう。

 

一方でクロス円の為替には底値も見えて転換の期待を抱いています。

f:id:ganesh123:20200316225834p:plain

ドル円だけ見てもしっかりと回復してきています。

もちろん再度102円台まで食い下がる可能性はありますが、底なし沼のように下落が進む傾向にはないと判断できます。下げ伸びて104円前半。さらに下落して102円前半で反発すると考えれば、押し目買いするには最適な転換期と言えるのではないでしょうか。

相変わらず日経平均株価NYダウの下落を反映して不作為に継続下落していますが、日本経済として判断した場合に下落する要因は何一つありません。むしろコロナ感染率の低さから優位に立ってもよいと思うのですが・・・。

まあこの辺はどうしようもないですね。

 

とにかくクロス円については底値が近いと判断しているため、日経平均株価が続落している中においても押し目での買いポジション強化を推奨します。逆にいつまでも下落が続くとショート狙いを続けると火傷すると思うので、適度なタイミングで方向転換したほうがよいのではないでしょうか。