ガネッシュFX億万長者

FXとビットコインで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

世界のコロナはピーク推移。金融市場も上昇予想

日本ではこれからが感染ピーク到来かと言われているコロナウイルスですが、ヨーロッパでは感染者が横ばい傾向であり、ピークを過ぎたとの判断が広がっています。

日本では元気な若者がコロナパーティーやら、K1観戦やら、田舎疎開やらして高齢者を含む弱者に死神をばら撒いて遊んでいますが、お笑いの神様とも言うべき志村けんさんが死去されて、はじめてコロナウイルスの本当の恐ろしさを身近に感じたのではないでしょうか。

それでも田舎で田畑を耕している私の近所にも都心ナンバーの車がわんさか流れてきて、スーパーの品を買い占めては死神を振り撒いていきます。本当に都心封鎖も外出禁止令もいい迷惑で、暇を自分で克服できない創造力の欠如こそが、現代人の一番の病魔なのではないかとつくづく考えてしまいます。

 

ということで相変わらずのコロナは放っておいて、世界経済は悪夢の真っ最中なのですが、チャート分析的には底値が揃ってきてサポートラインに到達しつくしたという感じで安定してきています。

 

NYダウ

f:id:ganesh123:20200401234754p:plain

しっかりと反発しており、まずは再度下落してもサポートラインの価格が凡そ判明しました。続いて日経平均株価

f:id:ganesh123:20200401234901p:plain

チャート形状がNYダウと非常に似ているのが分かると思います。上限の反発も明確になっており、レンジ相場並みの枠組みが形成されています。

続いてドル円

f:id:ganesh123:20200401235242p:plain

こちらも奈落に突き落とされた感覚でいる報道陣も多いですが、結局のところ大枠ではレンジ相場内の上下推移に過ぎません。むしろ価格が大きく動くので、短期で大金を稼ぐには申し分ない環境となっています。

ユーロ円はさらに大胆に動いていますが、過去のサポートラインに反発し続けているに他なりません。

f:id:ganesh123:20200401235517p:plain

でも確かにちょとした感染拡大のニュースで大暴落が現実のものとなることから、あまり積極的に買いポジションを獲りたいとは思えません。ですがこういった相場では2社以上の海外FX会社で両建てを行うという手法もあります。

 

例えばXMとFBSで同価格で買いと売りをそれぞれ1口ずつ購入し、順調な方はそのまま利益を伸ばし、逆を踏んだ口座は潔くゼロカットされる。

これだけで充分に稼ぐことができます。

 今のようなチャートよりも世界情勢に一喜一憂する相場においては、両建てこそが効果てきめん。XM口座とFBS口座については、また後日にでもお話したいと思います。