為替FXで億万長者!脱サラ不労所得で夢を買おう

FXで荒稼ぎしてスイスのCO2削減システム開発に加担してます!

レンジ相場継続で利益量産の流れ

ドル円、ユーロ円、ポンド円、ほぼ全てのクロス円通貨において、見事なほどにレンジ相場が的中しています。それぞれのサポートラインと天井ラインでの反発を丁寧に見極めれば十中八九の利益が保証されるくらいの精度を続けていますね。

f:id:ganesh123:20190317225846p:plain

ポンド円に至っては約4円幅の上下運動に対応していますので、10万通貨単位でトレードすれば一回の上下だけで80万円の利益になります。そこまで徹底しなくても、MAに沿った利益追求だけで数十万円の利益は保証されたようなものです。

もちろん米ドルもユーロドルも類似した上下運動をしていますので、どの通貨を選択したとしてもこの数週間は大幅に利益を吸収することができたのではないでしょうか。このレンジ相場については、未だブレイクする兆しが無くダラダラと迷走を続けている状態なので、もうしばらくはシステム的トレードだけで稼げる日々が続くかもしれません。もともと年度末である3月は相場に変動が生じにくい鈍化したチャートに終わる可能性が最も高い月なので、裁量トレードに頼るよりもシステムトレードへの転換を上手に掴むことで継続的な利益を求めやすい時期でもあります。

この「裁量トレードからシステムトレードへの転換」を肌で感じられた方だけが達成できる継続的利益、いわゆる「楽に稼げる」利益を満喫できるかどうかが、毎日チャート分析しているか否かの違いになります。ただガムシャラにチャートを追いかけていると、こういったシステムトレードの時間帯に、運悪くも裁量トレードで全てのシグナルが逆に働いて、これまでの利益を棒に振ってしまう始末になりかねません。あくまで裁量トレードも為替売買のいち手段でしかなく、タイミングによっては自分の腹をえぐる凶器でしかなくなることを理解したうえで、今現在のFXの状態を見極めてトレードの手法そのものを検討する必要があります。

ということで偉そうにシストレの素晴らしさを解説したわけですが、本当に裁量トレードからシステムトレードへの移行というのは明確にする必要があります。いつまでも「落ち目を狙って再上昇に賭けろ!」なんて説明しているチャートオタクの言うことを聞いて損失を重ねる必要はありません。トレンドが終われば待っているのはレンジ相場です。そのあたりの感覚を磨くことが重要だと思います。

 

上昇トレンドはピタリ停止。半落ちの値ごろ感

ドル円の上昇見込み112.0円、ユーロ円の上昇見込み127.3円、ポンド円の上昇見込み147.8円。ほぼすべての通貨が予想の上昇ラインでピタリと停止しました。より大きな上昇も期待していたのですが、上のラインが強くて突破することはできなかったですね。豪ドルだけが中国のアキレス腱である人民元自由化をトランプ氏に突かれて上昇の勢いからおいて枯れてしまいました。

そして今週は上昇ポイントに達成してからの半落局面となり、典型的なレンジ相場に移行したと考えられます。しばらくは大きなニュースがなければ一定の価格内でフラフラと価格推移が繰り返されるのではないでしょうか。

つまり、サポートラインと上昇ラインにおけるシステムトレードがフル機能する局面です。上と下のラインについてはメルマガでもお送りしますが、上手に使えばロングとショートの繰り返しで資金を増やせるチャンスとも言えます。こうした局面のジリジリ感に耐えられず、上がれば上昇トレンド発生かと買い急ぎ、下がれば下落トレンド発生かとショートを仕掛けて失敗するケースが多く見られるので、レンジ相場にあわせたポジショニングを心掛けて大損しないようにしましょう。当然ですが、しっかりとチャート分析して、どの価格帯がサポートラインとなるかを判断する必要があります。 

 

 リアルFX取引口座を開設する

 

f:id:ganesh123:20190306232337j:plain

稚拙な表現かもしれませんが、トレードはハンティングに似ています。トレンド相場においては狩猟のようにターゲットの挙動をいかに察知して銃を構えるか。一方でレンジ相場においては釣りのように針を湖底まで深く落として、ターゲットが底にたどり着いたところを咥えさせるか。局面によって道具も心持ちも変わりますが、しっかりと局面を見極めて判断する必要があります。お酒を飲みながらスマホ片手でエントリー♪なんて気軽なノリで勝てる相手でないことは容易に分かりますよね。

 

しっかりとポイントが分かったうえでタイミングを合わせる。これがFXをはじめとするトレードの全てだと思います。

 

ポンド円、目標値到達!

142.6円の上昇ポイントを皮切りに147.8円までの上昇を期待させていたポンド円が先週末まさに言い値ピッタリのところで終値を更新しました。欧州の交渉官がバックストップ案に言及したことから反発の買い戻し招いたといわれていますが、こういった要人の発言をきっかけに思い通りに為替が動いてくれることはよくあることです。

いわゆるバックストップとは、イギリスの隣国であるアイルランドにおいても、北のカトリック教徒と南のプロテスタント教徒との間で分裂の危機が懸念される中で、1998年に南北間の見えざる国境を排除しようとしたベルファスト合意を守ろうとする、これまた見えざる「保険」のようなものです。そのバックストップに対する改善策があることを欧州連合が匂わせたことから、英ポンドの上昇につながりました。

こうしたイベントが適時に行われると、トレーダーとしては非常に喜ばしいですね。時事をわきまえた要人発言というのは、本当に嬉しい限りです。それに比べて豪州の出芽を積もうとする中国政府の発言のタイミングの悪さときたら・・・、。日銀の黒田総裁もそうですが、世界はトレーダーの機嫌と懐具合で回っているという事実を軽視して、自分の采配が世の中を動かしていると思うことがそもそもの間違いだと思っています。だから時事をわきまえずにタイミングを逸した発言で大衆を魑魅魍魎の世界へ置いて行ってしまう・・・、と発言すれば、さすがに言いすぎでしょうか?

でも事実として、英ポンドも欧州ユーロも、的確にWin‐Winの状況を実現しています。クロス円においても英ポンドは前述のとおり147.8円まで上昇、ユーロも125.2円の上昇ポイントを皮切りに127.1円まで円安に傾いてきました。いつまでもダラダラと同じ価格を踏んでいるドル円や豪ドルとは大違いですね。

ユーロ円については、上昇の勢いが衰えなければ129.5円までは上昇の見込みがあると思っています。これまでのレンジ相場で相応の圧力が密閉されていますので、爆発すればそれなりの上昇エネルギーが蓄えられている計算です。同じことが豪ドルにも言えるのですが、やたらと政策でも経済でもチャチャを入れてくる中国の不幸を背負ってか、豪ドルの上昇する可能性は低くなる一方ですね。攻め疲れの感を否めません。

いずれにせよ今後の方策としては、上昇トレンドの形成されたユーロ円の押し目買い。そして政策の傾きを伺いながらの豪ドルへの上昇トレンド形成期待でしょうか。

月末の巨人、シカゴ購買部指数

2月最終日を迎え、月末の巨人ともいえるシカゴ購買部協会景気指数が発表されました。これは至極単純明快で、指数が50を上回れば景気拡大、50を下回れば景気後退を表すというものです。そんなシカゴ指数の期待値は57.5でしたが、今回は大幅に上回る64.7を記録。当然の結果ながら円安ドル高の展開となりました。

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ規模を誇るシカゴだけに注目されるのは当然なのですが、アメリカの雇用統計や失業率まで一週間を残して判断材料に乏しい中において、為替を動かすには絶好の材料となっています。現にドル円は110.9円付近から一気に111.45円まで跳ね上がりました。予想指数の57.5より上か下かで為替の動きが掴める指数発表はFXのボーナスポイントです。

経済指標において攻めるも良し。不安定なトレードを嫌うのであれば避けても良し。けれど指標発表の有無すらも知らなければ勝てる試合も勝てません。

f:id:ganesh123:20190301010152p:plain

 もし一瞬の利益を狙うのであれば、こうした指標をうまく利用することも良い戦略だと思います。50銭から1円幅の利益を確実に狙うのに経済指標は打ってつけですね。(ただし今回のような明らかな方向性の出る結果であれば、ですが。)

経済指標についてはアプリ等もありますので活用してください。

さて、そんなわけでドル円は108円付近から下がり知らずの円安に大きく舵をきっているわけですが、本来はもう上昇する力は残っていないと判断できます。ですが110円台中盤付近で比較的厚いサポート帯がありますので、ひとまずは急落を恐れることなく押し目狙いを続けられるのではないでしょうか。今回の急上昇を取り逃がした方も、再び110円台前半まで価格が落ちてきた際には、サポートの強さを確認した上で押し目買いをすることも定石ではないかと思います。

いずれにしても為替も通常の市場同様、「上がったら手を出さない。下がってきたら買う。」という単純作業の繰り返しです。これを逆手にとって「上がったら売る」まで徹底できれば素晴らしいトレーダーですが、上昇トレンドが形成されれば112円中盤のぶ厚い層まで上昇が止まらない可能性も無きにしも非ずです。まずはトレンドに逆らわず、上昇気流をつかみたいのであれば反落を待って押し目トレードで賑わいを掴みましょう。

サゲ↘知らずの奇跡の指標

昨年のクリスマスには21600ドルまで下げ進んだNYダウですが、今は順調に回復して26100ドルまで上昇してきました。わずか1か月で実に5000ドル=550,000円もの上昇を果たす経済指標が他にあるでしょうか?

f:id:ganesh123:20190225211003p:plain

さすがアメリカンドリームとはいつもの表現ですが、本当に夢を実現するためだけに存在している指標だと思います。あまりに作為的すぎて指標とも言えないものです。それだけにアメリカisナンバーワン!を象徴するものなのでしょう。

そんな分かりやすい右肩上がりの指標なので、トレードも非常に単純です。ただ買いポジションをとればよいだけ。私の場合は為替でも運用益をNYダウに専用の口座に資金振替をしてがっつりNYダウを買っています。運用益でNYダウを買い増しするだけで、本当に面白いように単純に資金が増えていきます。そして日本円に換金したくなったら別の資金管理口座に移して1度の手数料で多額の運用益を一気に引き出します。(とはいえ100万円を超えてくると難癖をつけられて出金拒否される場合もありますので、数10万円の出金に留めましょう。)そんな3段階で資金を増やしているのですが、26100ドルは昨年の8月から11月にかけて頭を抑えられたラインでもあります。

一旦これまでの買いポジションを利益確定して、さらなる上昇が確認できた時点で新たにポジションを構える形が最も安全だと思います。(せっかくMAとの関係も良好で買いトレンド継続中なので、その辺の判断は個人によると思います。)

 

XMトレードの資金出金方法

 

ということで本日は23000ドル付近からポジションを取り続けていたNYダウを一旦決済したいと思います。1ポジションの安全運用で約3100ドル=34万円の運用益の使い方については、最近の新設ブログ ガネッシュの楽天ショッピング で検討していこうと思っている次第です。(わざわざ新設のわりには、だいぶ緩い内容のブログですが・・・)

一方でNYダウの上昇にけん引されてきた日経平均株価ですが、以前の下落ポイントである22000円付近まで回復すれば全て思い通りと言えますが、その実現のためにはNYダウのさらなる高値突入が必要だと思えます。そろそろ利益確定の準備を進めてよいころではないでしょうか。

 

P.S. 

本日、アメリカでアカデミー賞が発表されましたね。ラジー賞(最悪主演男優賞)にトランプ氏が受賞されたわけですが、その監督であるムーア氏や主演?作である「華氏119」が候補に選ばれなかったことから、いかにトランプ政権への皮肉と反発が込められているかが分かります。富裕層からの指示が厚いと言われながらも、必ずしも有識者層からの指示があるわけではないことが伺えます。大統領顧問であるケリーアンシ氏の受賞と合わせて、最低リメイク&パクリ賞の「シャーロック・ホームズ」も、「シャーロック・ノームズ」のジョニー・デップも驚きのホワイトハウス3冠を果たしたわけですが、アメリカ大国の舵取りは本当に大丈夫なのでしょうか?経済至上主義が独り歩きする中で、アメリカ人の最も誇るべき「正義」をトランプ氏から全く感じ取れないのは私だけではないと思います。

 

と、あまり書きすぎるとまたブログが行方不明になってしまいそうなので、この辺で自粛しておきます。世界を感じるためにもFXは重要な視点の一つとなりますので、ぜひ世界を図る物差しのとして、FXを大いに活用していきましょう。

豪ドル、注目のエントリーライン

月1日は、米国が中国に対して関税引き上げを要請している日です。それに対して中国は人民元を切り下げることで関税引き上げ分の相殺を図っていますが、米国はこうした手段を封じようとしきりに中国政府に働きかけています。

 そんなことで不安定に陥る要素をはらんでいた人民元の状態から、為替において相関関係の深い豪ドルもなかなか上昇せずに一定価格でウロウロしていたのですが、人民元安定化のための両国合意の枠組みがほぼ完成したというニュースを受けて、豪ドルは79.5$を超えるまでに上昇しました。これまで上昇したくてもできなかったエネルギーが溜まっていると考えれば、一気に上昇するチャンスかもしれません。

 ということで下図のとおりエントリーを賭けているのですが、どうでしょうか?

f:id:ganesh123:20190220211621p:plain

EAも良い感じに追従してきているし、このまま一気に上昇してくれるとありがたいですね。時間も午後9時ということで、NY市場も本格参入してくるあたりで大きく変動してくれることを期待しています。

世界の大きなうねりを情報収集しながらチャートに落とし込んでいく作業はとてもクリエイティブで楽しいものです。そして利益がついてきてくれれば最高であることは間違いありません。しかしだからといって、チャート分析に30分も1時間もかけるのはやめましょう。チャート分析は5分で充分です。それ以上突っ込んで考えても、余計な情報をあてにして精度が弱まるばかりですので、シンプルに攻めるのが正解だと思います。

FXの良いところは、短時間のチャート検討で最大限の利益を獲得できることです。これが家族との時間をも割いて何時間もパソコンと睨めっこしているようでは本末転倒です。あくまでも5分でサクッと分析。タイミングを見つけたら損切ラインを計算して一気にエントリーです。

 まあ為替は生き物なので、他通貨との兼ね合いや要人発言等でいくらでも変化してしまうのですが、行こうとする方向性さえ間違わなければ遅かれ早かれチャート分析の結果に突き進んでいきます。ここ数日の豪ドルやNZドルは変化が激しくなるかと思うので、注目してみると楽しいのではないでしょうか。

 

リアルFX取引口座を開設する

やはりチャート分析には、パソコンでもスマホでも動作の軽いXMのMT4がおススメです。JAVAを使用したアプリなどもありますが、やはり動作が重くてデータ容量も余計にかかってしまいます。スマホであれば300kbpsでも手軽に動くMT4であればデータ容量消費も気にすることはありません。FXの必需品としてぜひ導入してください。

なぜFXで儲からないのか!?気になる3大理由を公開

FXはほぼ無限・無制限に儲かるシステムです。上下運動を繰り返す為替チャートに息を合わせるだけでジャラジャラとコインが懐に入ってくるシステムなのですが、なぜか全く稼げないという人がわんさかと存在します。メルマガでエントリーポイントを告知しても負ける人がけっこういるので、今日は根本的なところを超ザックリと簡潔にお話しようと思います。

 

FXで負ける理由① 大金を求めすぎる。

よくFXで大勝ちして南国ビーチで美女と毎日バカンス・・・という夢を抱く挑戦者がいますが、まず無理です。FXで勝ち続けても・・・働かなければ生きていけません!

なぜかというと、結婚し、子供を育てるまともな成人であれば、子供1人を育てるだけで一千万円は必要だからです。出産資金50万、幼稚園3年間で100万、義務教育でも年10万×9年間で90万、公立高校で年30万×3年間で90万、国公立大学4年間で240万、私立文系大学なら400万です。子供が大学卒業まで学校がらみだけで最低570万掛かるわけです。そこに衣類と食費とお小遣いと雑費を合わせれば、1000万円は軽く飛びます。それだけ資金のかかる子供を育てる立場になって、果たして仕事もせずにFXで稼ぎ続ける勇気があるでしょうか?(いや無い!)

 

もし妻も子も授からずに孤独に生きるのならFXで暮らせるかもしれませんが、最低限の生活を心掛けるべきです。南国のバカンスはもっと金がかかります。サイパンのホテルに泊まるだけでも1泊12,000円します。それを1年続ければ438万円です。月の家賃36万円ですね。とても不安定な収入であるFXで超高級マンションに暮らせるわけがありません。

 

FXで今スグ1千万円が稼げるでしょうか?サイパンのホテル代が捻出できるでしょうか?もしFXで稼ぎながら資金を溜めるというのであれば、あまりに不安定な収入源であることから身も心も憔悴しきって心が壊れてしまうと思います。

 

FXで負ける理由② 5,000円は紙くず同然の扱い。

現金で5,000円貰ったら嬉しいと思います。けれどFXで5,000円勝ったとしても、「これじゃ一生遊んで暮らすには雀の涙にもならない」と言ってすぐに次のトレードの軍資金に費やして、心が大きくなって無謀なエントリーを行い、湯水のように溶かしてしまいます。そして1万円や2万円がなくなっても、スマホの画面に出るだけなので痛みも少なく、タンスにしまってある現金をコンビニのATMで入金して証拠金が補充されると、一気に安心して次のトレードに移ってしまうのです。

 

もしせっかく稼いだ5,000円を大事に使えば、何が買えるでしょうか?たとえば未だにガラケーで頑張っている奥さんに、スマホをプレゼントすることも出来ます。

例えば楽天モバイルなんて、本当に安い価格でスマホデビューできますよね。

 楽天モバイル スーパーホーダイ 

 

 5,000円も稼いだら、自分をほめまくって最良のサービスを契約すればいいんです。はっきり言ってFXは裏切ります。それに比べて日本のサービスや技術は裏切りません。もちろん現金も裏切りません。せっかく稼いだお金を、さらにFXトレードの軍資金にしたりするから裏切られるんです。稼いだら現金化、サービスもしくは商品購入。裏切らない形にいち早く交換すべきです。

 

FXで負ける理由③ 10万円で1円の鉄則

これはFX上の話です。海外FXで認められている888倍でトレードする場合、1万通貨単位であればざっくりと証拠金10万円で約1円の値動きまで耐えられます。千通貨であれば1万円で1円の値動きを攻略できます。選択する通貨ペアにもよりますが、為替相場で1円以上動くことは滅多なことなので、1円の変動に耐えられれば大負けすることはほぼありません。それを10万円で2回も3回もエントリーしたり、サポートラインが1円の値幅内に存在しないのに突然エントリーしたりするから大負けするんです。たとえ1円動いても証拠金が限界を超えないトレード、それが正しいトレードです。

 

ということで思いっきり駆け足での説明でしたが、言いたいことは伝わったでしょうか?あまりにFXに無謀な夢を積み込んでいる人が大勢いることから、ちょっと戒めの意味も込めてブログに掲載してみました。

 

正しく使えば海外FXは本当に有益に稼ぐことができます。 

 Android MT4取引プラットフォーム

 それは皆さんの未来を明るく照らすものですし、生活に潤いを与えてくれる存在だと思います。しかし決して楽して無活動化するためのツールにはなり得ないし、人生の全てを支えてもらおうとすればするほど、チャート分析も複雑になり敗北を呼び寄せます。あくまで5分のチャート分析、1分のエントリーで軽く稼いで小遣いがアップするトレードが健全なんです。もちろん資金が増えれば稼ぎも増えますが、それでもスタンスは変わりません。自分の全てをつぎ込もうと時間をかけて緻密な分析をしようとするほど勝利は遠のくと考えた方がよいと思います。

 

あまりに無謀が方々が散見されたので長文を描かせていただきました。最後まで読んでいただいた方、本当に感謝いたします。